男性の脱毛はどこで受けるのがおすすめ?脱毛の人気部位や注意点もあわせて紹介

脱毛意識が向上している現在では、男性が脱毛するのはめずらしくありません。では男性が自己処理以外で脱毛するときは、どこを利用すれば良いのでしょうか。ここでは、脱毛できる場所、業務用脱毛で人気のある部位や注意点などの解説をしています。

自己処理に限界を感じたときはプロの脱毛を利用し、肌トラブル知らずの美肌を実現してください。

男性の脱毛はどこで受けられる?

男性脱毛の需要は一昔前と比べて格段に高くなっています。男性専用の脱毛グッズが数多く登場していることからも、脱毛意識の強い男性が増えているのがわかります。ヒゲやワキ毛などは自己処理をしている人が多いですが、薄くすることはできません。

減毛という作用を期待できないためで、何度処理しても再び同じ太さで生えてきます。例えば、カミソリで剃ったり専用クリームでムダ毛を溶かしたりする方法は除毛と呼ばれ、毛根から処理する脱毛には該当しません。また、家庭で脱毛できる方法には毛抜きや脱毛ワックス、家庭用脱毛器などによる自己処理があります。

自己処理全般に言えるのは、長年処理を続けても薄くならないので永久に処理から解放されないことです。減毛を期待するならばメンズエステや美容クリニックなどで処理するのが最適です。業務用脱毛器には減毛作用があり、ムダ毛を細く短く弱らせることができます。

男性のムダ毛は女性よりも太いので、チクチクした感触に悩まされている人は多いでしょう。業務脱毛で繰り返し処理すれば産毛に近づいていき、視覚的な美しさはもちろん蒸れの防止、体臭対策なども期待できます。

メンズエステの主力コースは男性脱毛

男性専用のメンズエステでは男性脱毛コースの人気が非常に高いです。男性はスキンケアに関して、女性ほど入念に行わない傾向があります。それは男性専用のスキンケア用品を見ればひと目でわかり、女性用と比べて種類が圧倒的に少ないでしょう。

男性がメンズエステを利用するきっかけで多いのは、スキンケアよりも脱毛です。スキンケアには無頓着という男性でも、毎朝のヒゲ剃りは欠かさない人が多いです。青ヒゲが生えていると不潔に見られてしまいますし、老け顔の原因にもなります。

男性にとってヒゲのシェービングは、女性の化粧に相当するものです。メンズエステでは全身の脱毛をできるので、気になるムダ毛をツルツルにしましょう。光線を使用した光脱毛は減毛が可能であり、数回の処理でチクチクした感触を軽減できます。

顔やデリケートゾーンなどは処理回数が多くなりますが、それ以外の部位ですと3~4回くらいでかなり毛質が柔らかくなるでしょう。男性の肌は女性より丈夫ですから、脱毛器の出力を高めに設定して処理できます。最近の脱毛器は出力を上げても痛みをあまり感じない仕様になっているので脱毛が楽です。

美容クリニックでも脱毛ができる

男性が脱毛できるのはメンズエステのほかに美容クリニックもあります。一般的に美容クリニックといえば女性を対象にしていますが、男性専用の部門を併設しているところも少なくありません。以前は業務用脱毛といえばエステサロンを利用する人が多かったですが、最近は美容クリニックの医療レーザー脱毛の人気が高まってきています。

インターネットが普及したこともあり、クリニックが積極的に公式ホームページで宣伝広告をするようになったのが大きな理由です。美容クリニックは医療機関であり、エステの光脱毛器よりも効果的な医療レーザーを使用できます。

光脱毛器の2~3倍のパワーがあり、少ない回数でツルツルにできるのが魅力です。特にムダ毛が薄くなりにくい顔やデリケートゾーンの処理をするのに最適です。美容クリニックの脱毛は医療行為であり、医師や看護師が施術をしてくれます。

エステ脱毛より痛みが強いマシンを使用しますが、麻酔で痛みを抑えられます。また、脱毛後に肌トラブルが発生しても、速やかに治療できるのがメリットです。なお、脱毛エステの多くは医療機関と提携していますが、これは肌トラブルが発生してサロンで対応できないときにクリニックに処置をまかせるためです。

男性の脱毛で人気の部位はどこ?

男性の脱毛で最もよく行われているのはヒゲ脱毛で、男性のエチケットとして利用されています。シェービングは脱毛ではなく除毛であり、何年処理を続けても薄くできません。ヒゲを薄くするには業務用脱毛が必要ですから、メンズエステや美容クリニックを利用する必要があります。

ヒゲ脱毛が完了すれば青ヒゲから解放され、見た目年齢が若くなるでしょう。中には、以前より3~5歳も若く見られるようになったという人もいます。また、ワキも人気の部位でワキガを軽減させるために役立ちます。ワキは通気性が悪くなりやすいため、夏場は特に汗がこもるのです。

汗が増えると下着の黄ばみの原因になるため、脱毛をして通気性をよくしておきましょう。ワキがツルツルになれば、ワキ用の消臭デオドラントの実感度が高くなります。なぜなら、ムダ毛がなくなれば消臭成分が肌に付着しやすくなるためです。

男性の脱毛意識が向上している現代では、腕毛や脚毛などを脱毛する人も増えてきています。夏場は露出することが多い部位ですから、エチケットとして処理する人が多いです。ムダ毛がツルツルになると体臭が軽減しますし、衣服との摩擦で肌が痛くなったりするのも避けられます。

男性の脱毛には視覚的なメリット以外にもさまざまな魅力があります。

脱毛をする上で注意したい部位とは?

男性の肌は女性よりも刺激に強いですが、耐えられる刺激に限界があることに違いはありません。特に顔やデリケートゾーンは刺激に弱いので、自己処理で脱毛するときは保湿ケアを入念にしましょう。保湿は肌にとって最大のバリアとなり、刺激を軽減してくれるのです。

一方、メンズエステや美容クリニックで脱毛する場合はプロにまかせるので、敏感肌や乾燥肌、混合肌に悩んでいる人でも安心できます。また、自宅で安全に脱毛するためには、汗をかいている状態を避けましょう。かぶれや炎症が発生する可能性があるので、シャワーをして肌を綺麗にしておくのが好ましいです。

自己処理をして肌トラブルが発生した場合は、迷わずプロの脱毛に乗り換えてください。特に、安全性の高い医療脱毛であれば、敏感な部位も肌荒れが発生しないようにやさしく処理してくれるでしょう。さらに、エステの半分以下の回数で脱毛を完了できることが多いため、料金もエステより安くなる可能性が高いです。